「トレース科捜研の男」見逃し配信1話~錦戸亮2019年ドラマ動画

2019年1月7日

関ジャニ∞錦戸亮主演2019年1月スタート

月9ドラマ「トレース科捜研の男」見逃し配信

月9ドラマ「トレース科捜研の男」放送開始日は2019年1月7日(月)

見逃したらFODプレミアムをチェック

FODプレミアム毎月最大1300ポイントプレゼント

最新雑誌も100冊読み放題

 

1300ポイントは1300円分相当ですから
無料作品ではない課金作品や電子書籍に利用するのもOKです

トレースの原作漫画1巻無料で読めますし

2巻~5巻はポイントを利用すればオトクに読むことができます

フジテレビの話題のドラマなども見放題

 

アマゾンアカウントを利用して1か月無料視聴

気に入らなければ無料期間内の解約もOK

無料期間内の解約は料金はかかりません


キャンペーン中!【FODプレミアム】

お年玉企画告知バナー(0101~0103)

※Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してFODプレミアムにご加入いただきますと、
初回に限り1ヵ月間無料でFODプレミアムをお楽しみいただけます

 

2018年7月からは新キャンペーン
FODプレミアムが7/1よりAmazon Payとアプリ内課金に対応することとなりました。

Amazonアカウントをお持ちの方は、FODの新規申込時に
Amazonアカウントに登録している情報を使って簡単に決済が可能になります。

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用してFODプレミアムにご加入いただきますと、
初回に限り1ヵ月間無料でFODプレミアムをお楽しみいただけます。

詳細はFODプレミアム公式サイトでご確認ください

 

 

2019年1月から月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』が放送を開始します。
物語の舞台は科学捜査研究所、通称「科捜研」と呼ばれる警察庁の付属機関です。

主人公は真野礼二。科捜研で研究員として働く真野は仕事に独自の信念を持っており、
さまざまな手段を講じて事件の真実を明かそうとする人物です。真野と共に行動するのが、
科捜研の仕事に興味の薄い新人研究員の沢口ノンナ。2人と対立関係にあるのがベテラン刑事の虎丸良平。

真野・沢口・虎丸という個性も目的も異なる3人が、事件の捜査を通じて意見を闘わせたり、
あるいは協力して解決にあたるようすが見られることが期待できると思います。

主人公の真野礼二を演じるのは関ジャニ∞の錦戸亮。沢口ノンナは新木優子、虎丸良平は船越英一郎が演じます。

錦戸は月9ドラマでは初主演。

新木優子は現在放送中の『SUITS~スーツ~』から続いての月9連投、船越は月9初登板となります。

原作は『トレース~科捜研法医研究員の追想~』という漫画です。

作者の古賀慶はもともと実際の科捜研で研究員としての勤務経験を持つ人物です。

漫画の第1話では、科捜研での実際の作業は非常に地味で地道なものであることが描かれており、
意外性に驚いたり、好奇心を刺激されたりします。

テレビドラマ版もこれまでの科捜研とは違った内容や場面が見られることが期待できそうです。

「トレース科捜研の男」基本情報&見逃し配信

放送開始日フジテレビ系 2019年1月7日(月)

放送時間 毎週月曜よる9時

原作 古賀慶「トレース~科捜研法医研究員の追想~」

主題歌 関ジャニ∞「crystal」

見逃し配信 TVER 、FOD見逃し配信

キャスト錦戸亮、新木優子、船越英一郎

【トレース〜科捜研の男】みんなの感想

30代女性  錦戸亮は、月9ドラマ初主演

錦戸亮が主演を務める、来年早々見逃してはならない作品です。月9放送で、錦戸亮が科捜研の男になります。
とてもかっこいい見どころ満載のドラマです。実は錦戸亮は、月9ドラマ初主演なのです。
原作は、元科捜研の研究員である古賀慶さんが描いた漫画によるものです。
錦戸亮が演じるのは、何かとんでもない過去を持っている、科捜研法医研究員の真野礼二です。
彼は、いつも冷静沈着で、鑑定結果から得られる真実だけを信じて、刑事であっても容赦なく反論して、闇に葬りさられようとしている真実の欠片を見つけては、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていくといった内容です。
ミステリーサスペンスのようなものでしょうか。冷たく見えて実は熱いといった錦戸亮の演技にも注目です。
今回は、サスペンスの帝王などと呼ばれるほど、刑事役として難事件に挑戦するのは慣れている船越英一郎さんも登場しますので、こちらも見どころ満載です。
ぜひ来年は月9でよい年になりますように。

 

女性40代 【トレース〜科捜研の男】かなり期待出来るドラマだと思います。

最初にタイトルを聞いた時には、やはり別のドラマを連想してしまいましたが、ですが注目はタイトルだけではありません。
このドラマの原作者である古賀慶さんは、元々、化捜研の研究員でした。
それゆえに、ドラマはよりリアルなものへとなるのではないのかと思います。
本来ならば、化捜研の職員は陰の存在となりがちです。
ですが、あらゆる事件を解決に導いているのは、刑事だけではないのだという事を、もっと深く掘り下げてくれるのではないかと思います。
そこには、ただ単に事件を解決に導くだけではなく、感情からくる激論もあるのではないかと思います。
一つの事件を解決する為には、あらゆる方面からの解決が必要なのだという事が分かります。
今まで深く知るという事がなかった化捜研のいろいろな苦労や解決への貢献を知る事になるのではないかと思います。
それに、主演の錦戸亮さんはもちろんですが、刑事役である船越英一郎さんが、いつもとは違う、どんな演技をするのか、楽しみにしたいと思います。

 

30代女性  真野の過去も気になる

「科捜研」というと、ついつい長年続く「科捜研の女」をイメージしてしまい、フジテレビ…パクリ⁇と思ってしまいますが、サスペンス要素ありの、本格的かつ科捜研のトレビアが満載のドラマのようなので、月曜9時、化学好きな子供たちと一緒に楽しめそうです。
主人公の真野は、幼い頃経験した陰惨な事件の真実を求め続け、他人に心を開くことができず、周囲に壁を作っている。
新人法医研究員の沢口は、なんの目的もなく法医学の世界に入ったが、殺人事件に関わることになる一方で、被害者や残された遺族に感情移入していく。
そして情熱あふれるベテラン刑事の虎丸。
他局の「アンナチュラル」の登場人物をミックスしたような感じが否めませんが、サスペンスものはハズレも少ないし、真野の過去も気になるので、見てみたいと思います。
錦戸さんは優しく、弱々しい役があっているように思いますが、トレース〜科捜研の男今回はクールな役どころ。どんな風に演じるのかも非常に楽しみです